箱根原稿

波多野です。遅くなりました。箱根原稿です。写真は後日まとめてアップします。

記事を書いている時、「こんなことも聞くべきだった」と度々感じていました。どんな記事を書きたいかなどをある程度計画してインタビューするべきだったと思います。計画性に欠けていたなと反省しています。次回につなげたいです。

◎5区 尾籠選手とご両親
 「かっこわるいからやめとけ」。五区を走った尾籠浩考選手が中学の陸上部に入ると言った時、父はこう言った。小学校の運動会でいつも遅かったからだ。結局、体を丈夫にするために陸上部に入部した。
 明治大学には西コーチの誘いで入学。自分を必要とされ、やりがいがあると感じた。彼の走りの特徴は、長い距離になるほど得意だということ。箱根駅伝の看板区間、通称「山登り」の五区を力強く走り抜いた。走った後すぐに西脇工業高校の恩師に電話した。「緊張はしていなかった。池辺には、襷を渡されたとき、頼むぞと言われた。力はたりず、自分は甘かった。箱根の中では速くないことを思い知った。基本的な走力が足りないと感じた」と悔しそうな表情を見せた。日ごろはおとなしい性格だが、駅伝やチームの在り方についてついては長時間熱く語ると言う。
 陸上を初めて八年、箱根駅伝の舞台に立つ息子をみて父は、「順調に育ってくれて嬉しい」と笑顔で言う。母にとって尾籠選手は優しい話し相手。「おつかれさん。がんばったね、と言ってあげたい」と少し照れくさそうに話してくれた。

◎青田選手の友達
 「青田くんお疲れさま」。6区を走り終えた2年青田享選手に、大学で同じクラスの友達6人が次々と声をかけた。埼玉、愛知、神奈川、千葉など各地から応援に駆けつけた。「応援に来るのは昔からの約束だったんです」と満面の笑み。青田選手は入学式の自己紹介のときから、「箱根に行くのが夢」と言っていたという。友達から見た普段の青田選手は、物静かでストイックな感じ。「青田君の内に秘めた激しさを見た」「かっこよかった」など、終始笑顔で感動を伝えてくれた。
 母は元陸上部、父も昔から駅伝好き。六区を走ることは確定していなかったが、朝三時に愛知の自宅を出て応援に駆けつけた。走っている間は「やっぱり見ているとハラハラする」と少し不安気な表情だったが、走り終えた青田選手を晴れやかな笑顔で迎えていた。
 青田選手は「強い選手に少しでも追いつきたい」と日々の練習に励んできた。「速くなるには限界を作らないこと」だと彼は言う。12月、「箱根駅伝は応援してくれる方への恩返しの場」と言っていた。この日の友達や両親の笑顔を見て、彼の思いは通じたと確信した。

◎小蔦ゆう子マネージャー
 神奈川県小田原出身。昔から箱根駅伝を見ていていつか携わりたいと思っていた。小蔦ゆう子さんの通う日本大学は女子マネージャーをとらない。明治大学の西コーチが日本大学の出身だと聞き、何かの縁を感じ、明治大学競争部のマネージャーになった。
 二日、四時起きで大手町に向かった。一区を走る前の岡本選手はいつもどおり冷静な様子だったと言う。その後、五区を走る尾籠選手を迎えるため芦ノ湖に向かった。「尾籠君は一、二を争う頑張り屋さん。頑張って結果をだしてほしい。走った後はお疲れさま、と声をかけたい」と言っていた。選手たちを見ていていつも思うことは「しっかりしなきゃ」ということ。「緊張していると思うので、万全の環境を整えてサポートできるようにしたい」と緊張感のあるまっすぐな瞳で語った。

***************************

感想などありましたら、お願いします。
[PR]
by campal-hakone | 2005-01-18 00:23


<< 戸塚中継所 遅くなりましたが原稿です >>