遅くなってしまいました。

渡邉栄一です。箱根駅伝は復路の大手町にずっといました。
記事の反省としては選手や大学の関係者との接触が不十分だったこと、その結果として選手等のコメントがほとんど取れなかったことです。記事を書く段階になってあの人にこういう話を聞いておけば良かった、この人にインタビューしておくべきだったなどの後悔が出てきました。結果として出来た記事は事前取材で得た情報と選手のコメントが入っていない風景を切り取った主観的なものになってしまいました。もっと記事を書くことを想定した取材が出来ていればと思いました。あと積極性も必要でしたね。来年も箱根駅伝の取材に参加できればと考えているのでこの反省を次回に生かしたいと思います。

◎大手町復路
早朝の静けさとは打って変わった復路ゴール直前の大手町。明治大学の陸上部員達は熱気あふれる大手町ゴール付近に集まり始めていた。1位の駒澤大学がゴールしてから20数分後、部員達は並んでアンカーの佐藤慈選手(4年)を出迎えた。佐藤選手を抱えあげたのはキャプテンの入山卓司さん(4年)とエースの幸田高明さん(3年)の2人。▼佐藤選手と入山キャプテンはともに一般入試組で1年間の浪人生活のあと、明治大学へと入学した。互いに競争部へ入部し、練習に打ち込んできた仲である。2人が競争部へ入部した当初、チームの意識は低かった。そうした雰囲気を打破するべく自主的にミーティングを始めたのが佐藤選手である。佐藤選手は生活面で入山キャプテンはチームの柱として明治大学競争部を支えてきた。佐藤選手は箱根を走り、入山キャプテンは箱根を走れなかったもののゴール時に佐藤選手に投げかけられた入山キャプテンの笑顔を見ていると複雑な心境と同時に4年間頑張りぬいてきた友への思いを垣間見た気がする。▼佐藤選手を抱えあげたもう一人の幸田選手も笑顔だった。その笑顔からは先輩への労いと同時に後は任せろという力強さが感じられた。

****************************
ご意見、ご感想などありましたらよろしくお願いします。
[PR]
by campal-hakone | 2005-01-18 10:39


<< 閉会式 戸塚中継所 >>